■最新情報はアプリでチェック

「色と性別は関係ない」台湾であの有名企業もピンク色に

特集

出典:twitter.com

(CoT編集部)

今台湾で様々な企業、団体がSNSのロゴなどをピンクバージョンにする動きが広がっている。これは色による性別への固定観念をなくそうという運動で、#ColorHasNoGenderというタグで官民を巻き込んだ大きなムーブメントとなっている。事の発端はコロナ対策で中央感染症指揮センターが開く記者会見にて、ピンク色のマスクを付けて学校に行くとからかわれてしまうと心配する男の子がいると記者が指摘。これに対し首相をはじめとした政界の男性陣がピンク色のマスクを着用し、政府機関のフェイスブックアイコンをピンクにするなどして色と性別は無関係であることをアピール。さらに、蔡英文総統はフェイスブックにてピンク色のマスクを付けた男の子のイラストを公開。男子か女子かに関わらず、ピンクは素敵な色という一文をメッセージとして発信した。

この動きがネット上で拡散され、政府機関だけでなく、ケンタッキーやコールドストーンなど世界的な企業もSNSアイコンをピンクバージョンにするなど”Pink Wave”は大きな動きとなっている。

たしかにトイレなどを見ても、男性用は青or黒、女性用は赤orピンクと色による性別へのイメージはかなり濃い。この先この動きが世界規模で広がっていくともしかしたら、世の中の当たり前が変わることになるかもしれない。

タイトルとURLをコピーしました